午後の出来事

いつもの静かな午後に暖かい風が吹いたのです
地球を取り囲む様な巨大な雨雲は吹き飛んでった

それはまあ関係はなくて何となくおちついた午後の
暖かい風に乗っかって「何処かに出かけないか?」なんて

黄昏に誘われてハイウェイスライダー
うねるアスファルト空気を吸い込んでいけば

目の前のカーブきっかけに海の方へ花びらは注ぐ
停泊してる船は穏やかに揺れてる

愛の言葉 それはつまりあなたの事想う心
海をなぞる様に描く波音は僕の言葉を包み込む
鮮やかな時間は確実に重なって
僕らを待ってる

菜の花畑の向こうに煙突が2,3本立って
それはまあ関係はなくてあなたの姿を見つけたら

黄昏に誘われてハイウェイスライダー
うねるアスファルト空気を吸い込んでいけば

潮風になったヴィーナスが煌く砂の星に舞い降りる
口付けを求められて空は赤くなる

愛の言葉 それはつまりあなたの事想う心
優しい顔 悲しく泣く顔 僕は全て忘れないよ
鮮やかな時間は確実に重なって

愛の言葉 それはつまりあなたの事想う心
月の昼下がり 彼は宙ぶらり 同じ時を刻んでゆく
鮮やかな世界は確実に重なって

僕らを待ってる






inserted by FC2 system